2017.12.13

三浦弦太、待望の代表デビューも「緊張はなかった」…昌子とのCBコンビにも言及

三浦弦太
代表デビューを飾った三浦弦太 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 EAFF E-1 サッカー選手権2017 決勝大会・第2戦が12日に行われ、日本代表と中国代表が対戦。小林悠と昌子源の得点で日本が2-1で競り勝った。

 念願の代表デビューを飾った三浦弦太は「前半からできていたとは思います。緊張はなかったですけど、後半の入りで少しフワッとしちゃった部分があったので。慣れてくれば余裕を持って攻撃も守備もプレーできたらいいかなと思います」と初陣を振り返った。ガンバ大阪でともにプレーする東口順昭、今野泰幸、井手口陽介がいたこともあり「そこまで連携面で苦労した感じはないですね。(昌子)源くんとも声を掛けながらやっていけたし、そんなに違和感はなかった」という。

 三浦の持ち味は守備は対人守備とロングフィード。最終ラインから攻撃の起点になるシーンも見られた。「奪った瞬間、相手の背後を狙っていこうという意識はありました」と狙いを明かした一方、「ただ、それ一辺倒になってしまうのも良くないので、センターバックからゲームをコントロールできればいいかなと思います」と課題を述べた。

「ここで終わるのではなく、コンスタントに出れるように練習からアピールを続けていきたいですし、しっかりとレベルアップしていければいいかなと思います」と今後への抱負を語っている。

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る