2017.12.11

クラブで得た自信を代表でも…武器を磨く初瀬亮「両足のキックは自分が一番」

初瀬
代表初出場を狙う初瀬 [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 12日に行われる中国戦に向けて、初瀬亮(ガンバ大阪)は練習の時から手応えを感じている。

「代表の中でも両足のキックは自分が一番だと思っています。そこで負けてしまうとここに来ている意味はないので」

 強気に話した初瀬には自身が備わっている。今季の明治安田生命J1リーグで19試合に出場。20歳にして強豪G大阪の一員としてチームに貢献した。「ピッチ上では自分を出していきたいです。それができないとここでは生き残れません。僕以外にもサイドバックは3人いますが、彼らとの違いを大会を通じてアピールできたらいいなと思います」

 試合に出ずとも、A代表の練習で得られるものは多いという。「クラブとは全く違う環境で練習できるのはいいことです。吸収できることは多いので、しっかり自分のものに昇華させたい」

 来年に控えるワールドカップのために、20歳の若武者は静かに闘志を燃やした。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る