2017.12.11

「植田とずっと組んでいてもミスをする」…昌子源、急造チームの難しさを語る

昌子源
DFリーダーとしての期待がかかる昌子源 [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 日本代表は11日、翌日に迫った中国代表戦に向けてトレーニングを実施した。DF昌子源(鹿島アントラーズ)は「どういう風に戦うかというより、北朝鮮戦より結果も内容も良くしていければ」と意気込んだ。

 9日の朝鮮民主主義人民共和国代表戦ではキャプテンマークを巻いた昌子。代表でも常連となりつつあり、今大会のDFリーダーとしての期待もかかるが、急造のチームで守備を整備することに難しさを感じているようだ。昌子は「代表選手である前に僕らも人間」と前置きし、「なお(植田直通)とずっと組んでいてもミスをするし、失点もする。相方の特徴だったり癖だったり、いろんなものが分からない状況、新しい人同士でやるのは本当に難しい」と吐露した。

 ディフェンスにおいて、連携面の充実は最も大きな要素の一つであることは間違いない。が、そうは言っても試合は待ってくれない。「北朝鮮より強い」と印象を語った中国との一戦へ「ミスも出てくるから全員でカバーしないと。連携面含めて時間がない中でどれだけ息を合わせられるかが重要」とポイントを挙げる。そして「勝たないことにはアピールもくそもない。勝って初めてアピールになると思う」と代表生き残りへがむしゃらに勝利を目指す姿勢を示した。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る