2017.12.10

「強くないチームが強くなるサッカー」に苦戦…主将・昌子源「勝てたのは大きい」

昌子源
キャプテンマークを巻いた昌子源が試合を振り返った [写真]=新井賢一
サッカー総合情報サイト

 EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会の男子初戦が9日に行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦した。

 日本は北朝鮮に何度かチャンスを作られるが、GK中村航輔が好セーブを見せて凌ぐ。このままスコアレスで終了かと思われた後半アディショナルタイムにカウンターからFW川又堅碁、MF今野泰幸とつないで最後はMF井手口陽介が豪快に決めて劇的な勝利をあげた。

 この試合でキャプテンを務めたDF昌子源は「スカウティングでは、北朝鮮はつないで来るところもありましたけど、今日はロングボールを俺らの背後に落とすことを徹底してきました」と北朝鮮の戦い方を分析。「言い方は悪いですけど、強くないチームが強くなるサッカーだと思います。1トップに良い選手がいて、信じて走っていた。俺らの処理しづらい、滞空時間の長いボールでした」と苦戦していたことを明かした。

 しかし、最後のところで中村が踏ん張った。昌子は「危ないピンチもありましたけど、航輔がビックセーブで防いでくれて」と若き守護神を称賛。土壇場での決勝ゴールを「最後に勝てたのは大きい」と評価し、「初戦だし、初めてやるメンバーも多い。非常に苦しかったですけど、チームの思いが乗り移ったゴールだったんじゃないかな」と総括した。

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る