2017.09.26

U18日本代表、カタールに敗れ2連敗…FW安藤の2得点で同点に追いつくも、PKで敗戦

影山雅永
U-18日本代表を率いる影山監督(写真は2014年のもの) [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
サッカー総合情報サイト

 現在カタールで開催されている「U19-Four Nations」に参加中のU-18日本代表は、25日に行われた第2戦でカタールと対戦し、2-2となった後、PK戦で4-5と敗れた。日本サッカー協会(JFA)公式サイトが伝えている。

 影山雅永監督率いる若き日本代表は、23日に行われた第1戦でU-18クロアチア代表と対戦し、2-3で敗戦。初戦とは10選手を入れ替え、中1日でカタール戦を迎えた。

 開始5分、いきなりPKのチャンスを与えてしまい失点。追いつきたい日本はサイドから果敢に攻めるも、64分に右サイドをドリブルで突破されクロスを上げられると2失点目を喫した。

 しかしその後、70分に投入された長崎総合科学大附高校FW安藤瑞季が気を吐く。77分、日本が左サイドでフリーキックを得ると、横浜F・マリノスMF堀研太からのボールに安藤が合わせヘディングシュートを決めた。さらに86分、サンフレッチェ広島ユースDF川井歩がゴール前に正確なクロスを送ると、またも安藤がシュート。左足で得点を決め、終了間際に見事日本が追いついた。

 試合はPK戦に突入し、6人目までもつれたが、日本は4-5で惜しくも敗れている。

 JFAの公式サイトによれば影山監督は試合後、「今日の試合はPK戦とはいえ勝てなくて悔しいと選手みんなが思っていると思う。しかし、2点のリードを許してしまう厳しい展開から同点に追いつけたことは選手が努力してくれたからの結果で、とても良かったと思うし、次につながる試合ができたと思う。まだ2試合あるので、もっともっと成長した試合ができるように良い準備をしていこう」と選手に声をかけたという。

 日本は27日にU-18オーストラリア代表と対戦する。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る