2017.09.01

W杯出場決定の影に“テグさん”の存在…浅野「僕にとって大きいこと」

浅野拓磨
オーストラリア戦で先制ゴールを決めた浅野拓磨 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

“リオ世代”の躍動は、やはり手倉森誠氏の存在が大きかった。日本代表を2018 FIFAワールドカップ ロシアに導くゴールを決めたFW浅野拓磨(シュトゥットガルト)が、オーストラリア代表戦から一夜明けた9月1日の練習後、現在はA代表のコーチを務める手倉森氏のサポートに感謝を示した。

 大一番でリオ世代の活躍が光った。8月31日のオーストラリア戦でヴァイッド・ハリルホジッチ監督からスタメンに抜擢された浅野とMF井手口陽介(ガンバ大阪)は、それぞれゴールという結果で期待に応え、日本を6大会連続のW杯出場へと導いた。他にも、FW久保裕也(ヘント)やDF植田直通(鹿島アントラーズ)らもメンバーに定着しているが、浅野はリオ世代がもっとA代表を底上げできると信じている。

「リオでやってきた選手も何人も入ってきていますし“俺たちにもできるんだ”っていう気持ちはみんなが持っている。(リオ世代が)どんどん入ってこないといけないと思った」

 そんなリオ世代を支えるのは、彼らをブラジルへと導いた手倉森氏の存在が大きい。昨夏のオリンピックでは結果こそ残せなかったものの、それまでの道のりで若手選手らと確実に信頼関係を築き上げた。手倉森氏がコーチを務めるA代表でも、それが上積みされているようだ。

 その一つに“リオ世代ミーティング”がある。浅野は「みんなが集まっての話はないですけど。テグさん(手倉森)に呼んでもらって僕が話をした時は、久保くん、(中村)航輔くんがいた。その前にはDF陣と話をしていたみたい」と手倉森氏が愛弟子らを気遣う様子を明かしている。

 浅野はそこで恩師から「リオ世代が“ワールドカップ(出場)が決まるか決まらないか”のところにいるのは嬉しい」との言葉をもらったという。「戦術的な部分で、(ハリルホジッチ)監督が言っていることプラス、テグさんが感じていることを言ってくれた。そこ(監督と選手)の間に入って説明してくれるのは、僕にとっても大きいことなので助かっています」とサポートに感謝した。

 ロシアW杯でリオ世代が中心となって戦うことができれば、最高の恩返しとなる。「ワールドカップの時点では僕らの世代が入っていてもいい」と意気込む浅野だが、その勝負はすでに始まっている。「(W杯出場を決め)日本としてはスタート位置についたけど、僕ら選手としてはまだスタート地点に立ってもいない。そのスタート地点に立てるように、今日からしっかり準備していかないといけない」とロシアで待つ大舞台を見据えた。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る