2017.09.01

最大の収穫は「僕や真司抜きで勝ったこと」…本田が逆襲誓う「必要な悔しさ」

本田圭佑
悔しさを滲ませた本田が逆襲を誓う [写真]=新井賢一
サッカー総合情報サイト

「ベンチに座ってるっていう今の状況は、過程であり、必要な悔しさ」

 8月31日に行われたオーストラリア代表との大一番で出番の無かったMF本田圭佑(パチューカ)はそう心境を語った。日本代表は9月1日、5日に行われるサウジアラビア代表戦に向けたメニューを消化した。

 オーストラリア戦での最大の収穫は「僕や真司が出なくても勝てたということ」という本田。「今までだと、絶対統計的に見ても僕や真司が出なければ、よくない試合が多かったですし、勝てない試合が多かったんですよ。でも実際勝ってしまった。僕ら必要なくなるんじゃないかってことも当然ながら言われるわけですけど」と危機感を募らせる。

 しかし本田という選手は数々の逆境を乗り越えてきた男。「(自分ではなく若手が活躍したことは)いいことやと思ってます。自分の中ではこの悔しさがなくなったら努力ができないので、モチベーションにもなります」と闘志をたぎらせている様子。

「ホントに嬉しく思っていて。だって別に引退すること、サッカー辞めることは別に怖くないし、そういう意味ではホントに楽しめてる。逆にこの危機感与えてくれることに感謝してる」

 本大会では「イタリアとやりたい」という本田。「やっぱりイタリアの人たちの大半を認めさせることができなかった悔しさがあります。オランダでもロシアでもそれはある程度果たしたと思うんですよね。イタリアだけがそうならなかったんで、対戦して果たしたいです」とイタリアの人たちの“手のひら返し”を狙う。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る