2017.09.01

W杯6大会連続出場決定 セルジオ越後氏「“不動のメンバー”がいてはいけないと証明した」

井手口の追加点を喜ぶ日本代表 [写真]=Getty Images
日本サッカー界のご意見番。

 日本代表は8月31日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦。浅野拓磨と井手口陽介のゴールにより、2-0で勝利し、6大会連続のW杯出場を決めた。

 試合後、『サッカーキング』ではサッカー解説者のセルジオ越後氏に話を聞き、試合を振り返ってもらった。

「とにかく結果が大事だという中で、2点を取れて勝てたことはよかった。両チームのコンディションがポイントにもなった。オーストラリアはパス回しにこだわったが、迫力に欠けた。日本はバックラインが耐え、その前を3人の中盤がガードし、足元中心だったオーストラリアを封じたね。浅野と乾を配置してカウンターを生かした。FWに負担をかける形だったが、それがハマったよ」

「とにかくコンディションや試合勘を整えることがいかに大事か、という証明にもなったね。イラク戦での失敗を踏まえた結果だ。井手口は素晴らしかったし、コンディション面を考慮すれば、国内でプレーしている選手でもやれるということ。代表では“不動のメンバー”がいてはいけないし、それを証明した結果だね。井手口は代表に定着してほしいと思うし、そのためにもコンスタントに試合に出ていくことが大事だ」

「次のサウジアラビア戦も勝たなければいけない。完全な1位通過であったということを見せつけることも大切なことだ。アジアを勝ち抜くにはそれくらいが当たり前と思わなければならない。見ている側も手放しで喜び、祝福するのではなく、それくらいが当然だと思わなければ」

「W杯出場が決まり、これからの1年間で何をするか、ではない。それまでの積み重ねでW杯は戦うもの。W杯予選を戦い、出場を決めてからの1年間でどういった強化をしていくか、というような話は毎大会している。これは進歩していないということ。4年間をぶつ切りでやるというやり方でジレンマを抱える点だね。そういった話を繰り返さないようなサッカー界にならないといけないよ」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
柏レイソル
53pt
川崎F
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る