2017.08.24

大一番を控える日本代表、招集基準は「代表で通用するコンディションにあるか」

ヴァイッド・ハリルホジッチ
日本代表を率いるハリルホジッチ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は24日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選に向けた招集メンバー27名を発表した。

 31日に控えるオーストラリア代表戦で勝利すれば、6大会連続のW杯出場が決定する日本代表。実績や経験値も重要となってくるが、ハリルホジッチ監督は「代表で通用するコンディションの選手」を招集の基準とした。

「私が来日した時から名前だけでプレーする選手はいないと言い続けていますし、コンディションのいい選手を使うと言ってきました」とコメント。代表初招集となったFW杉本健勇(セレッソ大阪)の名前を例として挙げ、「非常にいいコンディションです。大迫勇也や岡崎慎司らよりもコンディションが良ければ、プレーする可能性はもちろんあります」と明言した。

「イラク戦でも今野泰幸や井手口陽介、倉田秋といったJリーグの選手も出ています。植田直通や三浦弦太、昌子源といった若い選手もいますけど、彼らは代表に値すると思っているのでリストに入れました。私にとってJリーグ組、海外組というのは関係ありません」と語り、「代表に呼ばれるコンディションにあるのかどうかが重要だと思います」と選出の基準がコンディション面であることを強調した。

 会見の最後には「行こう、日本! ありがとうございました。ぜひ、応援よろしくお願いいたします」と、日本国民に向けてメッセージを送っている。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る