2017.08.21

テレ朝、日本代表のアジア予選突破への思いを込めた動画を公開…サッカー解説陣が総出演

サッカー総合情報サイト

 ロシア・ワールドカップ出場を懸けた大一番オーストラリア戦が、いよいよ8月31日(木)に埼玉スタジアム2002で行われる。日本は地元開催となった2002年大会を除き、過去4回アジア予選を勝ち抜き、本大会出場の切符をつかんだ瞬間は、サッカーファンだけではなく日本中がパーティーのようなお祭り騒ぎとなった。

 そこでテレビ朝日では、4年に一度しか味わえないアジア予選突破の瞬間を「パーティー気分で盛り上がろう!」という思いを込めたスペシャルPR動画を制作。31日(木)放送の「日本×オーストラリア」へ向けてオンエアする。

■鍋パ、タコパ…○○パの中でも最上級に盛り上がる!突パしようぜ!

 PR動画のキャッチフレーズはズバリ「突パしようぜ!」。アジア予選“突破”に“パーティー”を掛け合わせ、鍋パーティーの「鍋パ」、タコ焼きパーティーの「タコパ」から派生させた、突破パーティーの「突パ」という新しい言葉でワールドカップ出場の機運を盛り上げる。

 映像ではサラリーマン、大学生、親子、子供たちなどが、日本×オーストラリア戦を前にワクワクしながら「突パ」の準備をする風景を紹介。彼らの日常の一瞬、一瞬にセルジオ越後、松木安太郎、中山雅史、中田浩二といったテレビ朝日解説陣がカメオ出演します。さらにナビゲーターの川平慈英も登場、最後には、今やレジェンドとなった元日本代表のあの人も登場する。

 もちろん過去のワールドカップ出場を決めた日本代表歓喜の瞬間も紹介。サッカーファンはもちろん、日本人なら誰もが胸躍らせるスペシャルPR動画となっている。

■サッカー中継でおなじみの解説者が名演技!一瞬のお芝居に注目!

 気分が高まる映像の中で、見逃しそうになるほど一瞬しか登場しない解説者たちのカメオ出演。スタッフによると、「日本代表の突破を前にソワソワしている日本全国の人たちにスパイスを与える役割」として出演を依頼したが、一瞬のお芝居にも「皆さんのカンが良かったので驚きました」と話す。出演を依頼された解説者たちも一瞬だけの出演という役回りを素早く理解、その様子を「一瞬にガッとアドレナリンを出してくれた感じがしました」とスタッフは語っている。「例えば、ゴンさん(中山)は1回目は普通に撮影したのですが、2回目はアドリブを入れて遊んでください、とお願いしました。映像として採用したのは2回目のアドリブを入れた方でした」という。

 はたして、彼らはどのような役回りで「突パ」のスペシャルPR動画に出演しているのか。日本代表の6大会連続ワールドカップ出場を期待しつつ、「突パ」の準備を始めよう。

川平慈英 コメント
「本当に盛り上がる映像ですね。予選突破をパーティーにしちゃうという発想が、とてもポジティブで明るくていい。僕らの世代はアジア予選突破がとても難しい、苦しい時代を知っているので、今の若い人の突破を明るく捉える感覚に驚きを感じています。僕らの悲壮感を伴った「陰」の信仰心ではない、彼らの「陽」の信仰心は見ていて頼もしく感じますし、逆にこちらもエネルギーをもらえます」

「僕は沖縄生まれの三男坊、どちらかというとパーティー野郎の宴好きなので、「突パ」というパーティーはしっくりきます。映像を見てハートをわしづかみにされました!」

「予選突破を経験された元選手たちや今の解説者の方々も登場してくれますが、僕らメディアサイドの人間と一般の人が一緒に突破のパーティーを盛り上げるという演出はグッとくるものがありますね」

「それにしても中田さんの演技はすごい。ゴンちゃんや松木さん、セルジオさんは演技も出来る方と思っていましたが、中田さんのナチュラルな演技には参りました。一週間ぐらい役作りしていたんじゃないかと思うぐらい(笑)」

「これまでの4大会、予選突破が決まった瞬間はセルジオさんと目に涙を溜めて熱い抱擁をしてきました。今回もセルジオさんの厚い胸板を僕の短い手で抱擁したい気持ちでいっぱいです(笑)、ぜひ31日に!」

【スペシャル動画 放送予定】8月20日(日)「TOKYO応援宣言」(あさ6時30分)枠内
【WEBでの公開】 8月21日(月)から

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る