2017.05.16

「ピッチ内の自分に注目してほしい」…久保建英が世界大会でのアピールを誓う

久保建英
後半から出場した久保建英 [写真]=三浦彩乃
サッカー総合情報サイト

 FIFA U-20ワールドカップ韓国2017を控えるU-20日本代表は15日、エコパスタジアムでU-20ホンジュラス代表との国際親善試合を実施した。

 15分にCKからFW小川航基(ジュビロ磐田)が決めて先制に成功したが、18分、32分と失点を喫し、前半を1点のビハインドで折り返す。後半開始早々の47分にMF坂井大将(大分トリニータ)がPKを沈めて同点に追い付くと、62分にFW久保建英(FC東京U-18)ら一挙5枚替えで勝ち越し点を狙いに行く。するとその直後の63分、MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)のCKをDF板倉滉(川崎フロンターレ)が頭で合わせ、再びリードを奪ったU-20日本代表が3-2で勝利を掴んだ。

 途中出場となった久保は「セーフティーに行かずにボールを持ったら多少のリスクを犯してでも、攻めて行こうとは思っていた」との言葉通り、果敢なドリブル突破やラストパスでチャンスを演出し、会場を沸かせた。また、久保は試合後にベンチメンバーを中心に行われた30分1本のトレーニングマッチにもフル出場。22分には市丸瑞希(ガンバ大阪)のパスに抜け出し、ループシュートを放ったが、わずかに枠を外れ惜しくもゴールとはならず。「決めるつもりだったんで、残念です」と振り返った。

果敢なドリブルでチャンスメーク [写真]=三浦彩乃

 U-20南アフリカ代表とのグループステージ初戦まで、残すところあと5日。“仮想・南アフリカ”を想定した最後のテストマッチを終え、「皆さん言ってましたけど、本当にいいシュミレーションになったかなと。球際だったり、切り替えだったり、カウンターの速さだったり。そういうところでは修正も十分にイメージできている」と確かな自信を覗かせた。

 久保は最後に「何度も言っているんですけど、やるからには高いところを狙って行きたいというのは、ずっと変わっていないです。チームとしては“チーム”というのが日本の特長だと思うので、本当にチームとしていいところまで行ければ」と本大会へ向けた意気込みを語った。そして、「個人としては、ピッチ内の自分に注目してほしいというのはあります。できればドリブルとかそういうところに注目してほしいです」とW杯でのアピールを誓った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る