2017.04.17

U-20日本代表候補が合宿を開始 MF坂井大将、世界大会に向け「最後の仕上げ」

坂井大将
2日間の短期合宿が開始。坂井(右)はランニングで別調整を行った
サッカー総合情報サイト

 U-20日本代表候補が17日、千葉県内でトレーニングキャンプを開始。ランニングやボール回し、ゲーム形式の練習で約1時間汗を流した。

 U-20日本代表は、来月20日に開幕するFIFA U-20ワールドカップに出場する。この2日間の短期合宿は本大会のメンバー発表前、最後のトレーニングキャンプであり、所属クラブで出場機会が限られている選手の強化の場という目的もある。

 大分でなかなか出場機会をつかめていないMF坂井大将(大分トリニータ)は、「今は苦しい状況が続いていますけど、ここを乗り越えたらいいことがあると思って、しっかりと耐えること。(監督の内山)篤さんからも『試合に出られていない選手は、練習でどれだけ試合に近い状態でできるかが大事』と言われている。練習で100パーセントを出したい」と冷静に語る。

 約1カ後に迫ったU-20W杯に向けては、「最後の仕上げの部分。もう一段階、精度を上げていきたい」とチームのレベルアップを図る。U-20日本代表候補は18日、ジェフユナイテッド千葉と練習試合を行う。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る