2016.11.15

日本がW杯出場圏内の最終予選2位に浮上! 豪州が格下タイに痛恨のドロー

日本代表
日本代表がアジア最終予選B組2位に浮上した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表が2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選で2位に浮上し、大会出場権獲得圏内に入った。

 グループB3位の日本は15日に行われた第5戦で、首位サウジアラビアと対戦。清武弘嗣(セビージャ)のPK弾と原口元気(ヘルタ・ベルリン)の最終予選4戦連続ゴールで2点リードを奪うと、終了間際に失点を喫したが、2-1で勝利を収めた。

 日本はサウジアラビアと勝ち点10で並んだものの、終盤の失点が響いて得失点差(サウジアラビア=4/日本=3)で暫定2位。勝ち点8でB組2位につけるオーストラリアが第5戦で引き分け以下だと、日本が2位浮上となる。

 そのオーストラリアは、4連敗で最下位のタイと対戦。開始9分にミル・ジェディナクがPKを決めて先制したが、20分にティーラシン・デーンダーのゴールでタイに同点とされ、1-1で折り返す。後半に入り、57分に同じくティーラシン・デーンダーにPKを決められて逆転を許したが、65分に再びジェディナクがPKを成功させて同点。“PK合戦”となった試合は2-2で終了し、豪州は痛恨の引き分けで勝ち点1の獲得にとどまった。

オーストラリア代表

オーストラリアは格下タイ相手に痛恨のドローでB組3位に後退した [写真]=Getty Images

 この結果、3試合連続ドローのオーストラリアは勝ち点9で3位に後退し、日本がW杯出場圏内の2位に浮上した。

 日本は9月に行われたアジア最終予選の初戦でUAE(アラブ首長国連邦)代表をホームに迎え、1-2の敗戦を喫して黒星スタート。1998年のフランス大会以降、最終予選の初戦で敗れたチームの本大会出場確率がゼロというジンクスもあり、6大会連続出場も不安視されていたが、3勝1分け1敗で2位まで浮上し、挽回して折り返しを迎えた。最終予選は残り5試合。次は来年3月23日にアウェーでUAEと対戦する。因縁の相手を倒し、最終予選後半戦は好スタートを切りたいところだ。

■グループB第5戦結果
日本 2-1 サウジアラビア
タイ 2-2 オーストラリア
UAE 2-0 イラク

■グループB順位表
1位 サウジアラビア(勝ち点10/得失点差4/得点9)
2位 日本(勝ち点10/得失点差3/得点8)
3位 オーストラリア(勝ち点9/得失点差3/得点8)
4位 UAE(勝ち点9/得失点差1/得点7)
5位 イラク(勝ち点3/得失点差-2/得点6)
6位 タイ(勝ち点1/得失点差-9/得点3)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る