2016.11.09

「経験をチームのプラスに」 川島が“ターニングポイント”のサウジ戦見据える

川島永嗣
9日のトレーニングに臨むGK川島 [写真]=JFA
サッカー総合情報サイト

 日本代表が9日、11日のキリンチャレンジカップ2016・オマーン戦及び15日の2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・サウジアラビア戦へ向けて、オマーン戦の会場となる茨城県立カシマサッカースタジアムで練習を行った。トレーニング後、川島永嗣(FCメス/フランス)がコメントを残している。

 所属するFCメスでの出場機会がない川島だが、日本代表メンバーには前回に引き続いて選出された。クラブでの現状について同選手は、「ベンチに入れるようになって、前には進めるようになってきています。ただ、ベンチに入るのが目的ではなくて、試合に出ることが目的。そのために日々、限界に挑戦して、どれだけ成長できるかを求めている」と振り返った。

 代表チームを率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督からは、「本来なら呼ばれる立場ではないと言われています。いつも言われています」と厳しい言葉を受けていることを明かした川島。その中でも代表へ招集された時には、「練習の中で普段自分がやっていることを見せるのが一番だと思います。それだけじゃなくて、(これまでの)代表での経験も今のチームにとってプラスになることがあればいいし、自分にとっても代表に来れるというのはすごく刺激になります」と自らの経験を還元する姿勢を示した。

 さらに、「(ハリルホジッチ監督の言葉が)時に厳しく聞こえる時もあると思うし、ヨーロッパでやっている選手と日本でやっている選手では言葉の捉え方も多少違うところはあると思います。そのへんはわかる分、フォローできたらいいなと思います」とコミュニケーションを融通する役割も担うとした。

 南アフリカワールドカップ アジア最終予選ではベンチメンバーとして、ブラジルワールドカップ アジア最終予選では主力として2度、アジア最終予選を戦ってきた川島。その経験から、「次のサウジ戦が本当にターニングポイントになると思う」と語った同選手は、「今回フレンドリーマッチがあるので、準備時間は前よりあると思います。チームの中での意図をまずはフレンドリーマッチで良い意味で還元していきたいです」とオマーン戦の重要性を口にした。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る