2016.11.09

ハリルとの対話を図る本田 起用法ではなく「中身の話し合いが重要」

本田圭佑
記者団の取材に応じた本田圭佑 ©JFA
サッカー総合情報サイト

 日本代表は8日、キリンチャレンジカップ2016のオマーン代表戦(11日@カシマ)と2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選サウジアラビア戦(15日@埼玉)に向けて、鹿嶋市内で合宿3日目のトレーニングを行った。

 ミランで出場機会の少なさに苦しんでいるMF本田圭佑。第10節のジェノア戦ではシーズン初先発を果たしながらもチャンスを生かすことができなかった。メンタル面については「精神的には全然問題なくて、いい準備ができている。結果がついて来なかったという点では改善しなければいけないとは思っていますけど、それはチームの状況とか対戦相手との兼ね合いとか色んなものがあると思っているので。全然悲観はしていない」と、決して悪い状態ではないことを明かした。

 本田はオーストラリア戦でセンターフォワードの位置で起用された。起用ポジションについては、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が決めるものと前置きしつつ、「普通に考えたら右(ウイング)の可能性の方があると思うし、そのイメージで準備したいなと思っています」とセンターフォワードではなく、右ウイングでの出場を想定しているという。

 また、ハリルホジッチ監督とのコミュニケーションについては、「やはりチーム全体、そんなに時間もない中で、実戦でどう結果を出すかにフォーカスを当てて話し合う必要がある。どこで出てもチームコンセプトが変わらなければあんまり特長は生きない。それよりも内容が変わればどこでやっても生きるという考え方で。むしろ中身の話し合いの方が重要かな」と、チーム全体のことについても話し合うつもりのようだ。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
82pt
長崎
77pt
福岡
73pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
57pt
秋田
55pt
沼津
54pt
Jリーグ順位をもっと見る