2016.08.05

「何とかしないと」…守備崩壊に責任感じる塩谷、修正すべきは“意識”と明言

塩谷司
ナイジェリア戦にセンターバックとしてフル出場したDF塩谷 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第1節が4日に行われ、日本代表はナイジェリア代表と対戦。大事なグループステージ初戦で5失点を喫し、4-5で敗れた。

 オーバーエイジとして同試合にフル出場した塩谷司(サンフレッチェ広島)は、「入りのところは浮き足立ったではないですけど、正直良くなかったと思います。できればああいう展開にはしたくなかったですけど、全体的にオーガナイズというか守りのところっていうのは修正しないといけない」と振り返り、守りの組織の部分を反省点にあげた。

 大量失点となった要因については「本当に細かいところですけど、1対1のところであったり、あとはブロックを作ったときにどれだけうまくボールを入れさせずに、相手にできるだけ前方にボールを運ばせないようにすることだったり。そういうところがすごく大事になるのかなと思っています」と、細かな戦術の部分にあると分析した。

 連携面で問題はないかと問われると、「それは見ていてそう取れるんであったらそういうことじゃないですかね。失点をそれだけしているっていうことは、そういうことだと思います。素直に認めないといけないですね。でも、何とかしないといけないなっていう部分です」と、改善が必要だと認めた。「練習で修正するというのも難しい。ミーティングで絶対にフィードバックとかがあると思いますし、DF同士、GKとボランチも含めて話をするしかないかなと。もう2日しかないんで」と続け、話し合いで解決していきたいと語った。

 改めて、ナイジェリア戦のポイントは、後半立ち上がりに「僕が取られたPK」と明言した塩谷。「後半に入って、『絶対に勝負所はくるから』とテグさんも言っていましたし、実際にそうだった。その時間まで我慢できなかったあのPKっていうのは一番痛かったなと思います」と、日本の4失点目を悔やんだ。

 次の試合に向けて最も修正する部分はどこかと問われ、「意識。シンプルに中を切って外に行かせたりとか、そういうところかなと。球際もそうですし、色々なことをしないといけないっていうのはみんな感じていると思うし、僕もそう感じています。チームとして守るときは守るっていう意識かな。もう1回チーム全体でいい準備をして、いいコンディションに仕上げるかなので、そこを準備したいと思います」とコメント。グループステージ突破に向けて、チームとして良い準備をしたいと強調した。

 初戦で勝ち点をあげることができず、グループ最下位となった日本。次節は7日、コロンビアと対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング