2015.10.09

前半は苦戦も後半の3得点で快勝…槙野「我慢強く戦えた結果」

槙野智章
シリア戦でフル出場した日本代表DF槙野智章(右) [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が8日に行われ、日本代表はシリア代表と対戦し、3-0で勝利。同予選3連勝でグループE首位浮上を果たした。

 試合後、フル出場したDF槙野智章は、「前半は我慢の展開でしたけど、うまく時間の流れとともにこっちのペースになったのは良かったと思います」と振り返ると、「最初からうまくいかないことは分かっていましたし、我慢強く戦えた結果だと思います」とチームのパフォーマンスを称えた。さらに、「ラインを高く保つことと、ファールをしないことは監督から強く言われている」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督の指示を明かすと、「試合を通して1回くらいだったんじゃないですか、ファールしたのは。それだけみんなが守備意識を高く持った結果が3-0につながったと思います」と守備への手応を語った。

 また、フル出場したDF長友佑都は、前半の苦戦から一転し、「後半はすごいいい距離感の中でパス回しができて、そこから多くのチャンスも作っていた」と振り返ると、「距離感が短いと逆に取られた後もみんながすぐボールを奪いに行けるから、やっぱり日本代表のサッカーはそういう距離感は大事なんだと改めて学びました」と、同試合での収穫を明かした。

 MF香川真司に代わって79分からプレーしたMF清武弘嗣は、「勝っていたので落ち着いてやろうかなと。みんなけっこう疲れていたし、ハードワークしていたので、フレッシュな選手が穴を埋めていけばいいかなと思ってやっていました」とピッチ上での意識を明言。さらに、「前半の戦いをしていたらシリアは疲れてくると思っていたので、後半は予想どおりだったと思います」と後半に3ゴールを挙げての勝利は順当なものだったと語った。

 日本代表は、13日に行われる国際親善試合でイラン代表と対戦。同試合は、イランの首都テヘランにあるアザディ・スタジアムで開催される。

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る