2015.01.23

アジア杯連覇ならず…アギーレ監督「選手は最後まで戦い続けた」

日本代表のアギーレ監督 [写真]=兼子愼一郎

 アジアカップ準々決勝が23日に行われ、日本代表はUAE代表と対戦した。立ち上がりの7分に先制を許した日本代表は、81分に途中出場の柴崎岳が同点ゴールをマーク。勝ち越せずに延長戦に突入すると、1-1のまま120分を終え、PK戦で4-5と敗れた。

 連覇を目指しながらベスト8で敗退。ハビエル・アギーレ監督は試合後、「私はこのチームに対して誇りを感じる。120分間で全てを出しきってくれた。攻撃や様々な形、全てにおいて相手を上回っていた」と語った。

 PK戦については、「運の要素も入る」とコメント。敗れたものの、「選手は最後まで戦い続けたと思う。そして、最終的には相手が勝ったが、良いサッカーを見せて相手より点を取ろうと、最後までトライしていたのはこちらだった」と選手を称えた。

 相手よりも1日休養の短い、中2日の試合だったが、指揮官は「私は言い訳をしない。選手はしっかり準備をしていたと思う」と影響を否定。「シュートがポストに当たるような場面があったが、それは本田(圭佑)も今大会で4回ぐらいあった。それを運の足りなさと言いたくはない」と続ける。

「今日のゲームで勝利に値するのは我々だったと思う。そういう内容ができたと思うから、上を向いてこれからも続けていきたい」と、最後まで誇りを感じさせた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る