2015.01.16

ゴールに意欲見せる香川、PK前の決定機外し「絶対に決めなければ」

香川真司
イラク戦でフル出場したMF香川真司 [写真]=Getty Images

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ第2節が16日に行われ、グループDでは日本代表とイラク代表が対戦。日本は23分、自ら得たPKをFW本田圭佑が決めて先制する。再三チャンスを作り出すも、追加点は奪えず。最後までリードを守り切った日本が1-0で勝利を収めた。

 試合後、記者団の取材に応じたドルトムント所属のMF香川真司は、「チームが勝ったことに貢献できたのは何よりよかったですし、チームが90分戦って勝ち切れたことはすごく嬉しく思います」とコメント。ポジションに慣れてきたかと問われると「徐々によくなっているとは思います」と語るが、「最後の2点目3点目が取れたらもっとうまく戦えたと思いますし、ラクに勝てたと思う」と試合を振り返っている。

 決定機に何度か絡んだ香川は 「これだけスペースがあればチャンスに絡めるのは当然」とし、「やっぱ最後決めきるかっていうのはとても大きな問題だと思うんで、そこで決めきれる選手にならないと自分も成長していかない」とコメント。PK直前の香川の決定機については「絶対に決めなきゃいけないので、すごく悔しいですけどね」とゴールを奪えなかったことに悔しさを見せ、「結果を残さないと上に上がっていけないと思ってるんで、そこは強くこだわっていきたい」とゴールへの強い気持ちを表した。

 そして、ゴールに向けて「シュートを打つ側として僕はもっと絡んでいけるように動き出しをしたいですし、シュート数にしても足りない」と反省点を挙げると、「ゴール前でスピードに乗った状態でボールを受けられるのかっていうのが自分の一番の良さでもある」とし、「その場面をもっと増やしていけるように、走りの質であったり、仲間とのコンビネーションを高めていければいいと思います」と次戦に向けて課題を挙げた。

  日本代表は20日、グループD首位で最終節のヨルダン代表との対戦に臨む。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る