2015.01.14

元日本代表の岩本輝雄氏がアジア杯パレスチナ戦の日本代表を徹底分析

岩本輝雄
アジア杯パレスチナ戦のトークイベントで岩本氏は日本代表について語った

 12日、AFCアジアカップ2015「日本代表対パレスチナ代表」のパブリックビューイングが東京都八丁堀のFootball★Plazaで開催され、スペシャルゲストとして、元日本代表の岩本輝雄氏が登壇した。

 4-0で快勝した試合について、岩本氏は「前半は完璧だった。後半は途中から出場した選手がもう少し思い切りやってもよかった。パスにこだわるのではなくペナルティーエリア付近では積極的にシュートを打ってほしかった」と振り返った。

 パレスチナ戦のMVPには「遠藤(保仁)もよかったけど、僕は長谷部(誠)を選びたいですね。中盤の底でボールを拾いながら、さばきのパスもほとんどミスがなかった」と中盤で攻守のつなぎ役として安定したパフォーマンスを見せた長谷部を選出。試合前に注目選手に挙げていた香川真司については「まだ、100%ではない。いい時の半分くらいじゃないかな。吉田(麻也)のゴールをアシストしたプレーもトラップやターンがワンテンポずれていたと思う」とコメントした。

 また、本田圭佑が好位置での直接FKを2本外したことを聞かれると、「蹴る時の軸足がボールに近すぎると思う。軸足が近いとボールは落ちないので。中村俊輔や(デイヴィッド)ベッカムもそうですが速くて落ちるボールを蹴れる選手は軸足をボールから離している」と本田と同じレフティーで、現役時代キックの名手といわれた岩本氏ならではの着眼点で改善点に言及。

 16日に行われる第2戦のイラン戦に向けては「クロスの質を上げないとなかなか点が入らないと思う。サイドは崩せているので最後の精度を上げることがポイントになる」と次戦への課題を指摘した。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
81pt
横浜FC
76pt
大宮
74pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
59pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング