2014.09.10

主将としてプレーした本田、若手の活躍に「まだ意識していない」

本田圭佑
ベネズエラ戦にフル出場した本田 [写真]=Getty Images

 キリンチャレンジカップ2014が9日に行われ、日本代表とベネズエラ代表が対戦。アギーレ体制下で代表初招集となった武藤嘉紀が初ゴール、柴崎岳も日本代表初得点を決めたが、ウルグアイ戦に続きミスからの2失点で、2-2の引き分けに終わった。

 試合後、フル出場した本田圭佑は引き分けという結果について「いくつかの要素が重なって自分たちのミスもありました。でも、ネガティブになる必要はないのかなと思います」とコメント。さらに「収穫もあったと思いますし、特にそっちの方をクローズアップして新体制を進めていく、良い形で自信を持って進めていくことが今、必要なことだと思います」と語り、前向きに捉えていくことが重要だとの考えを示した。

 また、自身のプレーについては「結果という形でチームに貢献したかったですから、それがこの2試合では果たせなかった悔しさがあります」と、納得できなかったことを明かした。しかし、キャプテンを務めたことに関しては「役目を果たせたか分からないですが、今までと違った形でチームには関われたかなと思います」と述べた。

 本田は結果を残した若手選手たちについても言及。自身を超える可能性があるか質問を受けると、「僕はさらに伸びようとしています。もしも、今後彼らを意識し続けることがあれば、おそらく食われるでしょう」とコメントした。その一方で、「僕はまだまだ彼らを意識していない」と主張。続けて「さらに上を意識しているので、その間は抜かれない自信はあります」と語った。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
41pt
FC東京
34pt
川崎F
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
44pt
町田
43pt
横浜FC
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る