FOLLOW US

2試合で先発出場も無得点…大迫勇也「もっともっと成長したい」

W杯で2試合に先発した大迫勇也 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、日本代表とコロンビア代表が対戦。コロンビアが4-1で勝利し、3連勝でグループリーグ首位通過を決めた。敗れた日本は1分2敗のグループ最下位で2大会ぶりにグループリーグで姿を消すこととなった。

 コロンビア戦では出場機会がなかった大迫勇也は試合後、「最後のところがすごく重要だと思うし、個で上回っていければ、チームとしても上回れると思った。そこは強く感じた」と、話した。

 大迫は2試合に先発出場したが、「初戦もそうだし、細かくボールを保持して、裏を走られて、体力を奪って攻めるという感じだった。しっかり守って、全員で引いて我慢するというシーンで崩しきれなかったというのもあるし、3戦目はカウンターで失点してしまったというのがあるので、すごく悔しい」と、コメント。第1節のコートジボワール船よりも第2節ギリシャ戦の内容の方が良かった理由は、「個人の問題じゃなくて、チーム全体の意識だと思う」と、語った。

 そして、今大会で得たものを問われると、「一番は、もっともっと成長したいなという思いがさらに強くなったこと。このままじゃ終われないし、もっともっと成長したい」と、話し、今後を見据えた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA