FOLLOW US

2戦連発の香川、失点続く展開に「W杯じゃなくて本当によかった」

ザンビア戦で同点ゴールを決めた香川真司 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が6日に行われ、日本代表とザンビア代表が対戦。日本は前半に2点を先制されたものの、MF本田圭佑の2得点とMF香川真司の得点で逆転すると、一時は追いつかれたが、FW大久保嘉人の決勝点で4-3で競り勝った。

 同点ゴールを決め、コスタリカ戦に続き2試合連続ゴールとなった香川は、「点を取れたことは大きい。いいイメージで本大会に入りたいんで、それは自分にとっても大きかった」と得点に喜びを見せながらも、「チーム全体であったり、個人のプレーの質っていう意味ではよくなかった」と反省の言葉を述べた。

 立ち上がり早々に先制点を奪われた試合展開に「これがワールドカップじゃなくて本当によかった」と話し、2試合連続で失点を許していることについて、「もっともっと危機感を持たないといけない。ワールドカップ前の試合で(失点が)続いたっていうのは何かしらのメッセージですから、しっかりと受け止めてやらなきゃいけないと思います」と守備での課題を挙げ、修正の必要性を強調した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA