FOLLOW US

清武弘嗣「23人でのいい競争が大事。やるからには出場を目指す」

 ブラジル・ワールドカップに臨む日本代表メンバーで、シーズンを終えて帰国している海外組の選手たちが18日、都内で自主トレーニングを実施。3日目となった練習には、長谷部誠岡崎慎司内田篤人香川真司吉田麻也清武弘嗣酒井高徳酒井宏樹大迫勇也の9選手が参加した。

 練習後に取材に応じた清武は、今シーズンを振り返り、「本当に苦しいシーズンだったし、降格は悔しかったし、最終戦に出ていないことも悔しかったですけど、それは過ぎたこと。今振り返ってもしょうがないし、今は代表のために1日1日をしっかりと過ごしていきたいと思います」と語った。

 練習については、「昨日と今日はフィジカル(練習)だったんできつかったけど、みんなと集まってこうやって練習できるのは光栄だし、楽しくやれていますね」と話し、「きつい時こそ楽しもうと篤人さんも言っていますし、今日はサポーターの方も盛り上げてくれたんで、乗り切れました」とスタンドから声援を送ったファンにも触れた。

 本大会まで1カ月を切ったが、「ここから上げていかないといけない。ピークは初戦なので、そこに合わせてやっていきたいです」と狙いを明かすとともに、「やっているからには試合に出たいし、そういう気持ちはありますけど、23人でいい競争をしていくことが大事。出ても出なくてもそういうのは変わらない。でもやるからには出場を目指します」と意気込んだ。

 日本代表は、25日に壮行会を行い、27日に国内最後の試合となるキプロス戦に臨む。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA