FOLLOW US

日本代表候補合宿を終えた鹿島の柴崎岳「僕ができることはやった」

後半から出場した柴崎岳 [写真]=瀬藤尚美

 日本代表候補トレーニングキャンプの最終日が、9日に千葉県内で行なわれた。流通経済大学と対戦した練習試合では、23選手全員が出場。川又堅碁南野拓実が得点して、2-0と快勝した。

 後半の45分に出場した鹿島アントラーズ柴崎岳は試合後、以下のようにコメントした。

―監督からの指示は?
「昨日も言われたけど、どんどんボールを前につけてもらいたかったらしく、前を見るために体の向きを修正して欲しいということと、あまり後ろ、後ろにならないで前にチャレンジしてほしいということでした」

―いつもより前にいく意識が高かった?
「ゲーム自体が間延びして、なかなか難しかったけど、限られたチャンスのなかでいけるところはいったし、あとは疲れと相談しながら。いけるところはいって、自分のチャレンジはできたかなと思います」

―3日間の収穫は?
「もちろんタイトル的にはアピールの場とか、そういう見出しになるんだろうけれど、あまり僕のなかではそういうことは気にせずできた部分もあるし、自分のやれることに集中しながらやろうと思っていたし、すごく充実した3日間にできたかなと思っています。評価は他人がすることだけど、僕ができることはやった。いろんな選手と会えて刺激もあったし、こういった場所にくるのは楽しいなと思いました」

―監督が『やれたということよりも、なにをやろうとしていたかをチェックしていた』と話していたが?
「監督からは前にチャレンジしてほしいと言われたので、どんどん前を向いて、前線にはテクニカルな選手も多いので、そういう選手に預けて、自分も生きていく、そういう場面は何回か作れたと思うし、試合の流れのなかでちょっと落ち着かせないといけない時間もあったけど、そういう時間を除けば、チャレンジはできたかなと思う。僕自身、トライする気持ちはあったので、それは示せたと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA