2013.12.04

ブラジルW杯の抽選ポット分けが決定…日本はアジア、北中米カリブと同じポット3

3日、FIFAは記者会見を開き、W杯組み合わせ抽選のポット分けを発表 [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は3日、ブラジルのバイーアで記者会見を開き、6日に控えたブラジル・ワールドカップのグループリーグ組み合わせ抽選会を前に、各ポットを発表した。

 10月のFIFAランキングを元に、シード国となるポット1の8カ国は決定済で、開催国のブラジルや前回大会優勝のスペインなどが発表されている。

 記者会見では、ポット2からポット4までに残りの24カ国が振り分けられたことが発表された。

 5大会連続5回目の出場となる日本代表は、その他アジア代表3カ国と北中米カリブ海代表の4カ国と合わせたポット3に振り分けられた。

 ポット2にはアフリカ代表の5カ国とポット1に入らなかったチリとエクアドルの南米代表2カ国を合わせた7カ国。ポット4には欧州代表9カ国が振り分けられた。グループリーグはA~Hの全8グループで構成され、各ポットから1カ国ずつが選ばれるが、ポット2で足りない1カ国は、ポット4から1カ国が入り、補完される。また、予選で同一地域だった国は同じグループにはならず、例外として欧州は最大2カ国が同居する。

 発表された各ポットは以下のとおり。([]内、出場回数/最新FIFAランキング)

■ポット1(シード国)
ブラジル[20大会連続20回目、11位]
ベルギー[3大会ぶり12回目、5位]
ドイツ[16大会連続18回目、2位]
スイス[3大会連続9回目、7位]
スペイン[10大会連続14回目、1位]
アルゼンチン[11大会連続16回目、3位]
コロンビア[4大会ぶり5回目、4位]
ウルグアイ[2大会連続12回目、6位]

■ポット2
コートジボワール[3大会連続3回目、17位]
ナイジェリア[2大会連続5回目、33位]
カメルーン[2大会連続7回目、59位]
ガーナ[3大会連続3回目、23位]
アルジェリア[2大会連続4回目、32位]
チリ[2大会連続9回目、12位]
エクアドル[2大会ぶり3回目、22位]

■ポット3
日本[5大会連続5回目、44位]
オーストラリア[3大会連続4回目、57位]
イラン[2大会ぶり4回目、49位]
韓国[8大会連続9回目、56位]
アメリカ[7大会連続10回目、13位]
コスタリカ[2大会ぶり4回目、31位]
ホンジュラス[2大会連続3回目、34位]
メキシコ[6大会連続15回目、24位]

■ポット4
イタリア[14大会連続18回目、8位]
オランダ[3大会連続10回目、8位]
ロシア[3大会ぶり3回目、19位]
ボスニア・ヘルツェゴビナ[初出場、16位]
イングランド[5大会連続14回目、10位]
クロアチア[2大会ぶり4回目、18位]
フランス[5大会連続14回目、21位]
ポルトガル[4大会連続6回目、14位]
ギリシャ[2大会連続3回目、15位]

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング