2013.12.03

サッカーファンが選ぶ、日本代表の今年最も印象的な試合はコンフェデ杯・イタリアとの激闘

香川真司
イタリア戦で2点目を決めた香川 [写真]=Getty Images

 2013年も12月を残すのみとなり、サッカーキングでは、年内の試合を全て終えた日本代表の戦いを振り返り、「2013年、日本代表で最も印象に残っている試合は?」というテーマで投票を実施。約9000人からの回答を得た。

 2月のラトビア戦を皮切りにW杯アジア予選、コンフェデレーションズカップ、東アジア選手権、親善試合と、全19試合を戦ったザック・ジャパン。サッカーファンが最も印象に残った試合は、42.2%の3797人が回答した、6月19日のコンフェデレーションズカップ・グループステージ第2戦のイタリア代表戦となった。同試合は、日本が2点を先行したが、イタリアが前半終了間際に1点を返すと、さらに52分までに2点を奪われ逆転される。日本は岡崎慎司の得点で同点としたものの、86分にセバスティアン・ジョヴィンコの決勝弾を許して3-4と敗れた。

 2位は23.3%となる2098票を得た、11月19日のベルギー代表戦(3-2で勝利)。3位は12.9%の1163票を獲得した、11月16日のオランダ代表戦(2-2のドロー)と、直近の2試合が選ばれた。

 5大会連続5回目のワールドカップ出場を決めた、6月4日に行われたW杯アジア最終予選のオーストラリア戦(1-1のドロー)は、8.5%の768票で、4位だった。

■アンケート上位5試合
※()内得票率

1位 6月19日、コンフェデレーションズカップ、イタリア戦<3-4●>(42.2%)
2位 11月19日、国際親善試合・ベルギー戦<3-2○>(23.3%)
3位 11月16日、国際親善試合・オランダ戦<2-2△>(12.9%)
4位 6月4日、W杯アジア最終予選・オーストラリア戦<1-1△>(8.5%)
5位 6月15日、コンフェデレーションズカップ・ブラジル戦<0-3●>(5.3%)

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る