2013.11.20

敵地での勝利に主将の長谷部誠「内容も結果も伴った試合だった」

長谷部誠
ミララス(左)とボールを奪い合う長谷部(右) [写真]=VI-Images via Getty Images

 国際親善試合が19日に行われ、ベルギー代表と日本代表が対戦。先制された日本は、柿谷曜一朗本田圭佑岡崎慎司の得点で逆転し、ベルギーの反撃を1点に抑えて3-2と勝利を収めた。

 試合後、フル出場した主将の長谷部誠は、以下のようにコメントしている。

―手応えは?
「結果もついてきたし、内容も90分通してよかったと思う。3-1になってからの試合運びは課題かもしれないけど、自分たちが勝つべくして勝った内容だと思うし、そういう意味では内容も結果も伴った試合だったと思う」

―選手の配置転換など本大会を想定できる展開だったのでは?
「いろんな選手を使って、監督がどういう意図で選手の入れ替えをしているかわからないけど、とにかく本大会というよりは、チームのなかで目に見えて競争が増えてきているし、出た選手はみんな結果を出している。そういう意味ではポジティブだと思う」

―今日の試合で一番工夫したことは?
「とにかく自分たちのサッカーを、立ち上がりは少し難しかったけど、そこからしっかりと自分たちのペースに持っていった部分もあるし、相手がどこであれ自分たちのサッカーができるかというのを継続して試しているところ。今日も特別、何かをやったわけではなくていつも通りだった」

―自信になる?
「内容も結果も伴ったというのはすごい自信になると思うし、あとはオランダもそうだったけど、ベルギーも本調子だったかというと、正直そうじゃなかったとやっていて感じた。正直、ブラジルとかウルグアイとかの方が相手の強さを感じた。だから、冷静に分析しないといけない」

―周囲から厳しい声が出ていたことは意識して連戦に臨んだ?
「もちろん客観的な意見というのは非常に大事だと思うし、耳を傾けることも非常に大事だと思うけど、それ以上に自分たちの主観、継続してやっていくところでブレていなかったので、周りの人に結果が出なければ色々言われるのはこの世界当たり前なので、そういうのに左右されずにやれているのはこのチームの強さなのかなと思う」

Jリーグ順位表

FC東京
30pt
名古屋
24pt
大分
24pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
28pt
水戸
27pt
大宮
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
18pt
讃岐
18pt
C大23
17pt
Jリーグ順位をもっと見る