2013.11.20

勝利に手ごたえを感じる遠藤保仁「勝ちきれたのは先につながる」

遠藤保仁
ウィツェル(右)と競り合う遠藤(左) [写真]=Photonews via Getty Images

 国際親善試合が19日に行われ、ベルギー代表と日本代表が対戦。先制された日本は、柿谷曜一朗、本田圭佑、岡崎慎司の得点で逆転し、ベルギーの反撃を1点に抑えて3-2と勝利を収めた。

 試合後、後半から出場し、本田の得点をアシストした遠藤保仁は、以下のようにコメントしている。

―ベルギーに対して逆転勝利を飾ったが?
「外から見ていて、そんなにキツそうでもなかったですし、どこかでリズムを変えていければいいなと思っていたので、いい形で入ったと思いますし、追加点もいい形で奪えたと思うので、全体的には我慢しながら、いいゲームができたと思います」

―この間は引き分けで、今日、勝ち切れたのはチームの成長?
「ピンチもありましたし、同点に追いつかれてもおかしくない場面があったとは思うので。ただ、勝ちきれたのは先につながることだと思いますし、選手が楽しくプレーしていたと思うので、こういうゲームを増やしていきながら、セットプレーでやられているので、課題は修正していきたいですね」

―サイドから得点しようという意識は高かった?
「サイドから簡単に入れても跳ね返されるだけなので、今日みたいにワンツーで抜け出したり、自分たちがある程度高い位置で絡めば、中の人数も増やせますし、3点目もきれいな形だったので、人もボールも連動しながら、ゴールを取れるような形が取れればいいんじゃないかと思います」

―課題はセットプレーと先に失点してしまうこと?
「セットプレーは課題だと思いますし、高さがない分、もう少し工夫して守らないといけないとは思うので、それはチームと話さないといけないですし、他にも崩されてというより一発でスルーパスを出されてやられる場面が多いので、一発でやられるような場面を減らしていけば、ピンチの数も減ると思いますけど」

―攻撃に関していうと、裏と足元の使い分けに関しての手応えは?
「どちらも状況を見て使えるのが一番いいと思いますし、相手を引きつけておいて裏というのも理想だと思うので、バランスよくやり続ければチャンスができると思うので、今、意識してチーム全体でやっていければいいと思います」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る