2013.11.20

1アシストの酒井宏「今は(失点を)引っ繰り返せる攻撃陣がいる」

1点目をアシストした酒井宏樹(右) [写真]=Getty Images

 国際親善試合が19日に行われ、ベルギー代表と日本代表が対戦。先制された日本は、柿谷曜一朗、本田圭佑、岡崎慎司の得点で逆転し、ベルギーの反撃を1点に抑えて3-2と勝利を収めた。

 試合後、フル出場し、37分の柿谷の得点を右サイドからのクロスでアシストした酒井宏樹は、以下のようにコメントしている。

―先制点をアシストしたクロスはピンポイントだったが?
「GKの位置しか見ていなかったですし、GKが取れないボールを上げるのを意識していて、中の様子は、誰か居るな、ぐらいの感じしか見ていないです。そこでうまくマークを外して入ってきてくれたというのが大事なポイントだったと思います」

―早い時間帯にミスから失点して、ディフェンスラインでの焦りは?
「できれば立ち上がりの失点は避けたかったですけど、今はそれを引っ繰り返せる攻撃陣がいるので、守備陣としては1点取られたけど、落ちついてここからやっていこうと切り替えられたので、そういう意味ではよかったと思います」

―今までなかなか1点が取れない時期もあったが、バリエーションが増えてきた?
「オランダ戦は特に豊富なバリエーションで相手のゴールを脅かすことができましたし、ああいう感覚で試合に入れたのが大きな要因だったと思います」

―裏に抜ければチャンスになるという手応えはありました?
「前半、特に左サイドの14番(ドリース・メルテンス)がついて来なかったので、うまく2対1をキヨくん(清武弘嗣)と作れていたので、右サイドを上手く崩せたんですけど、後半、ついてくるようになったので上がる回数は減りました。そういう意味では前半がキーポイントだったと思います」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る