2013.11.20

失点に関与の酒井高「引きずっていた。本当に反省するしかない」

酒井高徳
フェライニと競り合う酒井高徳 [写真]=VI-Images via Getty Images

 国際親善試合が19日に行われ、ベルギー代表と日本代表が対戦。先制された日本は、柿谷曜一朗、本田圭佑、岡崎慎司の得点で、3-2と逆転勝利を収めた。

 試合後、先発出場し、86分までプレーした酒井高徳は、以下のようにコメントしている。

―全体的に連動性もあって、ベルギーに対していい内容だったが?
「そうですね。追いついてひっくり返したのはすごくよかったと思うし、狙いを持って攻撃できたところは非常によかったと思います」

―先制された場面は、悔やんでいる部分もありつつ、切り替えた?(15分、左サイドに流れたロメル・ルカクが飛び出した川島永嗣をかわし、ゴール前にクロス。酒井高がいたが、背後から迫ったケヴィン・ミララスが先んじて、無人のゴールへシュートを流し込んだ)
「引きずっていました。でも続けないといけないし、やっちゃいけない失点の1つでした。全然気付いていなかったので、注意力とか集中力とかが、すごくこういう舞台になってくると大事なので、本当に反省するしかないかなと。その後、ミスが続かなかったのが、よかったかなと思います」

―ミララスは、後ろからスッと出てきた?
「そうですね。最初から全然気付いていなかったので、対面の選手の確認とか、普通の当たり前のことを疎かにしているのかなというのがあるので、もう1回、足元を見つめるというか、しっかり1からやっていかないといけないところでもあるのかなと思います」

―ミララスはカットインも得意で、縦も中もあるが?
「あまり深い位置でのドリブルはなく、前半もファウルした場面は1回くらいだったので、それ以外は中にいかれても(香川)真司君もいたし、ボランチもいたので、ついていくという意識よりは、中に入ったら自分のポジションに戻る感じを意識していて、1対1だったら中に行かせないで、縦に行かせるという対応を意識していました。相手のドリブルを開始するポジションが低かったかなとはちょっと思います」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る