2013.11.20

ベルギー戦欠場の内田篤人、W杯に向けては「コツコツやるだけ」

 国際親善試合が19日に行われ、ベルギー代表と日本代表が対戦。先制された日本は、柿谷曜一朗、本田圭佑、岡崎慎司の得点で、3-2と逆転勝利を収めた。

 試合後、ベルギー戦では出場機会のなかった内田篤人は、以下のようにコメントしている。

―ベルギーに勝利という結果だが?
「(10月の)ベラルーシとその前のセルビアでうまくいかずに、この遠征はすごく大事だったと思うので、少しずつ自分たちの力になってきているんじゃないかと思います」

―この2試合を踏まえて今後は?
「また3月まで(試合が)なくなるし、俺はもう自分のことでいっぱいいっぱいなので、今は。体と相談しながらやりたいと思いますけど、コツコツやった先にワールドカップがあると思いますし、まずはちょっとここで1週間やっと空いたんで、しっかり練習もできたし、よかったかなと思います」

―オランダ戦は2-2で勝ちきれなかったが、今回は勝ちきったということでチームの成長はどうか?
「どうですかね。僕は外から見ていただけなので、あれですけど、本当にみんな最後まで集中していたし、セットプレーで1点やられましたけど、それまでに(酒井)宏樹のやつなんかも前に出ていく勇気というか、(エデン)アザールがディフェンスについてこないというのもわかっていましたし、スカウトも当たりました。そういう総合的な力もあったかなと思いますけど。オカちゃん(岡崎)のように途中から入った選手もよく決めたし、ヤットさん(遠藤保仁)もアシストしたし、そういうのがつながっていくと、勝ちにつながるかなと思います」

―2試合通じて日本の方が走力で上回ったと思うが、ワールドカップのヒントになるのでは?
「チャンピオンズリーグでシャルケが負けた時も、1人1人の走行距離のデータを出されて、『お前はこれだけしか走ってない』と言われるので。そういうのを見ると、やっぱりドルトムント、バイエルンなんかも1試合でチーム全体で120キロくらい走っていますからね。そういう意味でも今日代表が何キロ走っているかわからないけど、そういうのも大事かなと思います」

―相手は運動量が落ちて、日本が凌駕していたが?
「相手もホームの雰囲気はあまりよくなかった。それもちょっと助けたというか、うまく応援してあげればいいなと思いましたけど」

―来年に向けて個人としてどういうところをレベルアップしていく?
「うーん、もうコツコツやるだけだと思います。チャンピオンズリーグとブンデスリーガでできていますし、シャルケにいいメンバーがいます。そういう中で自分の中の役割をしっかりやって、また3月に呼んでもらえるようにしたいです」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る