2013.11.20

強豪との連戦を終え、ザック「こういった経験をしに、わざわざ欧州まで来た」

ザッケローニ
ベルギー戦で指示を出すザッケローニ監督 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が19日に行われ、ベルギー代表と日本代表が対戦。先制された日本は、柿谷曜一朗、本田圭佑、岡崎慎司の得点で、3-2と逆転勝利を収めた。

 試合後、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は、以下のようにコメントしている。

「内容には満足しているし、これだけの強い相手に対しては、日本の内容も良くなければ勝てないと思っていた。相手はフィジカルで押してくる中、テクニックで対抗しようという流れになった。自分たちのプレーにリズム感、スピード感が出てきてから、優位に試合を運べたと思う」

―この結果は来年への手ごたえになるのでは?
「こういった経験をしに、わざわざヨーロッパまで来た。この調子でやっていかなければいけないと思う。当然、修正ポイントもこの試合で見えてきた。ベラルーシ戦やセルビア戦のように陥らないように、自分たちで意図的に意識しながら、自分たちのプレーをやっていかなければならないし、高めていかなければならない」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る