2013.11.19

第2のホーム・ベルギーで注目される大一番…4年間のキャリアを出しきりたい川島/日本代表密着

 11月2連戦のラストとなるベルギー戦を翌日に控え、日本代表が18日16時から試合会場となるブリュッセルのボードワン国王スタジアムで公式練習を実施。前日ホテルで静養した遠藤保仁(ガンバ大阪)と長友佑都(インテル)も合流し、冒頭15分のみのメディア公開でベルギー対策を確認した。2013年の集大成となる大一番だけに、ザッケローニ監督はこれまでの最強布陣で挑むとみられる。16日のオランダ戦(ゲンク)は後半からの途中出場だった遠藤、香川真司(マンチェスター・U)、柿谷曜一朗(セレッソ大阪)も先発出場する可能性が高い。

 ベルギーは1トップのクリスティアン・ベンテケ(アストン・ヴィラ)がひざの負傷で欠場が濃厚。FWにはロメル・ルカク(エヴァートン)が入る模様だ。それでもマルアン・フェライニ(マンチェスター・U)やエデン・アザール(チェルシー)など光り輝くタレントが揃ってピッチに立つ見通しで、両者の力と力がぶつかり合うことになりそうだ。

 そんな中、ひと際注目されるのが、ベルギーで4年間戦ってきた守護神・川島永嗣(スタンダール・リエージュ)だ。「ベルギー代表とベルギーでやれるのは僕にとっては本当に特別なこと」と、彼は11月シリーズ開始時から高いモチベーションを持って準備してきた。が、オランダ戦は西川周作(サンフレッチェ広島)が出場したため出番なし。現地メディアからも「永嗣は大丈夫か?」という心配の声も出たほどだ。

 当の本人は「明日はプレーするつもり」とベルギー人記者に英語で力強く宣言した。川島はここまで蓄えてきたものを全て出しきり、ルカクやフェライニ、アザールら強力攻撃陣を完封することだけに集中している。

「相手は前に行く力強さは本当にあるチーム。出てきたところを1つ1つ抑える必要があるけど、さらに飛び出してきた場合には自分がしっかり対応したい。オランダ戦を良い形でやれたので、それを続けていかないと意味がない。チームの勝利につながるプレーをしたいです」と意気込みを新たにした。

 川島が日本の絶対的守護神であることを示してくれれば、ベルギー戦は良い結果が出るはずだ。

取材/元川悦子

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る