2013.11.19

ベルギー戦で勝利にこだわる岡崎「勝つことに特化してプレー」

 日本代表は欧州遠征7日目となる18日、ベルギー代表戦の前日練習をベルギー国内で行った。

 練習後、マインツ所属のFW岡崎慎司は以下のようにコメントした。

―この間(オランダ戦)は内容も結果も良くなったが、次は年内最後の試合。どういうところをさらに改善したい?
「まずはやっぱり、結果を出すことだと思うし、このクラスで勝てるという自信が欲しい。勝つことに特化してプレーしていきたいと思うし、『足下が封じられているなら裏に、裏が封じられたら足下に』というバリエーションを持って、やりたいなと思います」

―14日のコロンビア対ベルギー戦では、裏に飛び出す形からコロンビアがゴールを決めた。その形は参考になるのでは?
「そうですね、基本的に自分の役目は常に(裏を)狙うことだと思うし、バリエーションとしては、ゴールを狙う裏の動きと、起点になる裏の動き(がある)。それが前回の試合ではうまくいった。使い分けというか、苦しい時には相手のサイドラインでボールを受けるとか、そういうことをすれば、仮に(ボールを)取られてもチームとして相手を(サイドに)引き出すことができるし、そういうことをやりながら、自分の良さを出しながらチームのプレーをしていきたいと思います」

―(ベルギーのセンターバックを務めるヤン)フェルトンゲンはトッテナムでプレーしていて、大きい割には足も速いが?
「個人的には、いつもと変わらないプレーをするつもり。相手が足下を狙ってきたら裏を狙うし、裏をケアしてきたら足下でもらって仕掛けることができると思うし、やってみてからという感じですね。やってみないとわからないと思います」

―マインツで1トップを経験して、実際にやるとしても自信がついてきたと思うが、3-4-3の中央でやった時のイメージは?
「3-4-3だったら、ショートカウンターが武器だと思う。その時の裏のもらい方というか、ボールのもらい方というか、今重要なのは(ボールを)取った後に素早く(縦へ)行った時に、2タッチとか1タッチでゴールを決めること。それをマインツで求められているし、このチームでもそうだと思う。中盤でパスを出せる選手がいっぱい出てきているので、やっぱり次は(ゴールを)決める選手が出てこないといけないと思います」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る