2013.11.19

遠藤保仁がベルギー戦を展望「アグレッシブにどんどん行きたい」

 日本代表は欧州遠征7日目となる18日、ベルギー代表戦の前日練習をベルギー国内で行った。

 練習後、ガンバ大阪所属のMF遠藤保仁は以下のようにコメントした。

―ベルギーの試合は見た?
「見ましたよ。個々の能力は高いですし、ダイレクトにゴールに行くイメージがある。そのへんは、後ろはカバーを忘れずに、一発でやられないようにしたいと思います」

―サイドが攻め残りのような形になる?
「両サイドの選手はドリブルもうまいし、中でも外でも仕事ができる。基本的には、外に追い込んで…というのが理想だと思いますし、シンプルに(クロスボールを)上げる時は上げてくるので、常に中は準備しておかないといけない。この間の(オランダ戦でアリエン)ロッベンに決められた、あのような形は避けたいと思うので、極力外から入れるボールをうまく跳ね返せればいいと思います」

―この間の試合では、2点差を追いついて引き分けに終わったが、次の試合が大事になると思うが?
「毎試合が大事。オランダ戦では、勝つチャンスがありながらも、引き分けた。反省しなければいけないところだし、(ベルギーは)スタイルが全然違うチームなので、それそれで、自分たちの戦い方を変えることはないと思いますけど、オランダ戦の後半のようにアグレッシブに前からどんどん行きたいと思います」

―選手同士では、どの部分を反省した?
「前半はうまくプレスがはまらなかったので、ゼロ(無失点)で我慢しながら、というのは今後も必要になってくると思いますし、ああいう押し込まれる時間帯が長い時もあると思うので、そこで前と後ろがバラバラにならないようにしないといけないと思います」

―『オランダ戦の後半のような形ができれば』というイメージを持ち続ければ、これからも良いサッカーができる?
「自分たちが良いリズムでやれている時はチャンスも多いですし、そういう時間帯を増やしていきたいと思います。ただ、90分(自分たちの時間帯で)やるのはかなり難しいことなので、我慢する時間帯も必要だと思いますし、そういう時に失点をしないように割り切ることも大事になってくると思う。明日も(ベルギーは)間違いなく(積極的に)来るだろうし、前回コロンビアに負けているから、より慎重に入るというよりも、自分たちもアグレッシブに試合に入らないとやられるとは思う」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る