FOLLOW US

ベルギー戦のポイントは個…MF本田圭佑「そこは揺るがない」

オランダ戦で1ゴールを記録した本田 [写真]=Getty Images

 欧州遠征を行っている日本代表は、2-2で引き分けた16日のオランダ戦から一夜明け、19日のベルギー戦に向け、練習を行った。

 練習後、MF本田圭佑は以下のようにコメントしている。

―次のベルギー戦は国王スタジアムで、去年のサンドニに近い雰囲気のゲームになるが?
「やってみないと分からないですけど、それを肌で感じて、結果が大事になると思います。監督も言っていますけど、そういう試合では内容の方がっていうのは適切ではないのかもしれないですけど、本番で結果を出すために貴重な1試合ですから。個でしょうね、結局は。そこは揺るがないです」

―オランダよりベルギーの方が個を強調してるチーム?
「それはありますよね。学ぶところは沢山あると思います。そこでどれだけこっちが通用するのかってところは見ものです」

―前線でプレスがうまくかかれば、出しどころを抑えられる可能性はあるが? 
「オランダ戦に関しても後半はかかりましたけど、前半はかかっていない時間帯があって、やっぱりそういうところかなと思います。いい時間帯は僕の感覚ではベラルーシ戦もセルビア戦もあったんです。でも結局、悪い時間帯、向こうのリズムになる時間帯があるんです。そこでいかに失点をしないか。(ラファエル)ファン・デル・ファールトが胸トラップしてサイドチェンジした瞬間に、その雰囲気がありましたから」

―2失点目のシーンか?
「そう。やられる雰囲気の時にやられるのは負けるチームなんです。結局、負けるチームってそういうところなんで、普段ならやられる雰囲気の時に守れた、入らない雰囲気の時に点が入っちゃった、昨日も1点目がそうですよね。だから、引き分けに持って行けたと思うんですよ。サッカーってやっぱりそういうところだと思います。向こうの得意なところを防いで、何気ないところで仕掛けて、大迫とか曜一朗(柿谷)が点を取れると勝てますよね。だから個なんです」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA