2013.11.17

FW岡崎慎司「目指すものは変わらないし、結束力を大事にしたい」

岡崎慎司
オランダ戦でシュートを放つ岡崎慎司 [写真]=千葉格

 国際親善試合が16日に行われ、日本代表とオランダ代表が対戦した。

 試合は前半、ラファエル・ファン・デル・ファールトとアルイェン・ロッベンのゴールでオランダが先行したが、前半終了間際に先発起用された大迫勇也の得点で1点を返した日本が、60分に本田圭佑の得点で同点とし、2-2のドローで終えた。

 試合後、フル出場した岡崎慎司は、以下のようにコメントしている。

―試合前、代表に批判的な弾幕が出ていたが?
「全く気にならないと言ったら嘘になるけど、自分たちはチームとして揺るがない結束もあるし、それはサポーターの人も同じ気持ちだと僕も思っているので。ああいうことを書かれてもみんなワールドカップで勝ちたいという思いは一緒だと思うので、その気持ちを自分たちがプレーで表現すればいいだけなので。全く不安だったりは感じなかったし、いい方向に行けば、みんな絶対賛同してくれるし、それをプレーで僕たちは表現すればいいと思っているので。これからもそれは一緒だし、悪くてもチームは結束していくという、チームが乱れるのが一番ダメなので。僕はワールドカップを前にも経験しているので、結束力を僕は前回、ナマで感じたし、目の前で見られたので、それを自分がつなげられる人間でいたいと思っています」

―10月の苦しい時期から這い上がった感じがあるが、一番何が変わった?
「自分たちがやろうとしていることは全然変わんない。ただやっぱり、どんどんワールドカップも迫ってきて、コンフェデで負けて、ウルグアイにも負けて、その後勝ってまた負けてと不安定な試合をしてきて、それでも自分たちは不安定ではなかったし、気持ちは揺るがなかったので。それはこれからも一緒で、たった1試合で何も自分たちが目指すものは変わらないし、結束力を大事にしたいなと思うし、何を言われてもみんな同じ方向を向いていると思っているので、サポーターもそうだし、日本国民が応援してくれていると思っているし、それを自分たちはプレーで表現しようというので、日本代表はつながっているのかなと思います」

―岡崎選手が裏へ飛び出すことでチームにバリエーションを与えたと山口螢選手も言っていたが、その意識がチームを大きく変えた?
「そうですね。結局、それも足元でつなごうというところから、それをやったから、次は裏を狙わないと相手を引かせられないことがわかったし、そう考えるとベラルーシとセルビア戦はホント大事だと思ったし、じゃあ次にオランダ戦の教訓をどんどんベルギー戦で出さないといけないし、ホントに何1つ自分たちがやることは変わんないかなと。ただ自分たちのレベルを上げたいということだけですね」

―教訓を次に生かすと言ったが?
「前半、最初に点取れなかったことと、失点してしまったこと。それがすごく大事だなと。どうしても2-0にされると、2-2にするのは、3-2にするチャンスはあったけど、本当に一苦労だと思うし、どうしても自分たちが主導権を握りたかったら、先制したいし、相手に先制させちゃいけないし、そこを次は重要視したいなと思います」

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る