2013.11.17

今野、チームの出来に手ごたえも「引き分けで満足していたらダメ」

今野泰幸
オランダ戦を振り返った今野 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が16日に行われ、日本代表とオランダ代表が対戦した。

 試合は前半、ラファエル・ファン・デル・ファールトとアルイェン・ロッベンのゴールでオランダが先行したが、前半終了間際に先発起用された大迫勇也の得点で1点を返した日本が、60分に本田圭佑の得点で同点とし、2-2のドローで終えた。

 試合後、フル出場した今野泰幸は、以下のようにコメントしている。

「最初、失点した時には嫌な雰囲気が漂ったんですけど、そこからいつもだったらシュンとしてしまうところを、僕らのサッカーができたという意味では良かったところはありましたけど、正直勝ちきれなかったなというのはありますね。攻守の切り替えがすごく速くて、前線から守備という意味では大迫がすごくやってくれたし、出どころが抑えられたので、僕らも処理しやすかったですし、二次攻撃、三次攻撃につながったと思います」

―自信と残念な気持ちと複雑?
「正直、勝っていればきっかけになった試合になったと思うんですけど、引き分けで満足していたらダメだと思います」

―1失点目は不運だったけど、よく立て直せた?
「やられたのはしょうがないし、今日のピッチ状態ではグラウンドも滑るし、重いし、そういう状況だったので、何が起こるかわからないのも試合前からわかっていたこと。後半、何かイレギュラーがあるかもしれないというのもわかっていたので、そこから上手く切り替えられたと思います」

―10月の結果から抜け出せた?
「攻撃面でもすごく良くなったと思う。今日みたいな流動的な攻撃ができれば、相手も掴みづらいし、決定的チャンスにもっていけたので、ああいう攻撃を僕は後ろから見たいなと思います」

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る