FOLLOW US

先発起用のGK西川「楽しかった。もっと続けばいいのにと思っていた」

オランダ戦で先発起用されたGK西川周作 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が16日に行われ、日本代表とオランダ代表が対戦した。

 試合は前半、ラファエル・ファン・デル・ファールトとアルイェン・ロッベンのゴールでオランダが先行したが、前半終了間際に先発起用された大迫勇也の得点で1点を返した日本が、60分に本田圭佑の得点で同点とし、2-2のドローで終えた。

 試合後、先発起用された西川周作は、以下のようにコメントしている。

―先発を言われたのはいつ?
「今日のミーティングです。予感はまったくなかった。素直にうれしかった。オランダと対戦できることはうれしかったし、U-20の時にやっているけど、あの時は負けて悔しい思いをしていたので、A代表としてオランダとアウェーでできたことは非常にうれしかった」

―自分たちのミスから失点したが、GKとしてはどういう気持ちでプレーしていた?
「ああいうミスをカバーするのがGKだし、カバーできなかったことの方が悔しかった。その後はみんなしっかりと落ち着いてプレーできたし、今日はビルドアップの面でどんどんつなごうとDF陣と話し合っていたので、やりやすかった」

―オランダの印象は?
「横に幅を取ってサイド攻撃という狙いがあって、サイドと思いきや中から崩したりとか、いろいろな攻撃のバリエーションがあったので考えさせられることはあったけど、負けなくてよかった」

―シュート精度はどう感じた?
「やはりパンチ力があるなというのと、ロッベンのシュートなんかもワールドクラスだなと感じたし、ああいうシュートを止められるGKになっていきたいと思った」

―楽しかった?
「本当に楽しかった。もっと続けばいいのにと思っていた。それはこれから自分が勝ち取ることだと思っているし、この経験を生かしていきたい」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA