2013.11.17

2失点目を反省する長谷部「わかっていたけど、さらに上を行かれた」

長谷部誠
オランダ戦で前半のみの出場となった長谷部 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が16日に行われ、日本代表とオランダ代表が対戦した。

 試合は前半、ラファエル・ファン・デル・ファールトとアルイェン・ロッベンのゴールでオランダが先行したが、前半終了間際に先発起用された大迫勇也の得点で1点を返した日本が、60分に本田圭佑の得点で同点とし、2-2のドローで終えた。

 試合後、先発出場し、大迫の得点をアシストした長谷部誠は、以下のようにコメントしている。

「非常に難しいかなと。2-2という引き分けの中で、結果はやっぱりこのくらいのゲームをしたら勝ちたかったし、オランダもそんなに良かったわけじゃないので。ただ、10月の時に比べてチームとしてやはり今までずっと継続してきたサッカーというものをピッチの上で出そうというのが見えたんじゃないかと思います」

―試合前からみんなで話していた?
「話していました」

―今日はボランチで山口螢選手と組んだが、役割は?
「螢はどっちかというと目立ったプレーというか、気の利いたプレーというか、要所要所で利くプレーを前後半通して、していました。今日僕が左で出たのはロッベンのところで、彼が中に来るので、そこをケアする意味もあったと思うんですけど、完全に2失点目のところは僕のミスで。ロッベンは何回も対戦しているし、知っているし、それでわかっていたんだけど、さらに上を行かれたというか。中に来て中を抜いていくとわかっていてもやられてしまったので。あれは自分のミスなんですけどね。ああいうところがやっぱり勝負を決めるのかなと思います」

―1点返した後に長友佑都選手と体の向きを話していたが?
「試合前から話していたんですけど、僕もわかっていたんだけど、自分が思っているより先を行かれたという感じです。完全にあれは僕がケアするところです」

―その後に長谷部選手のいいパスから大迫選手のゴールが生まれて、0-2から這い上がるきっかけができたのでは?
「最後の時間のない中で1点返せたのは、後半につながるというか、そういう形の点にはなったと思います。前半はどちらかというと、相手の6番(ナイジェル・デ・ヨング)が利いていたので、それが後半いなくなって、向こうも全然パスをつなげなくなってというのがあったと思います。前半、少しいい時間帯もありましたけど、やられる感じもしなかったんですけどね。しっかりブロックを作ってやっていたので。ただ、そういう小さいミスだとかそういうところでやられてしまったかなと思います。前半は」

―6番が利いていた中で、前半はどう攻撃していこうと思った?
「やっぱりサイドのところで崩せていたというか、いい形ができていたので、サイド攻撃を使おうと。あとはセカンドボールですね。セカンドボールを拾えていたときは、いい二次攻撃になっていたので、後半は特に前線からすごくいい守備でボールを拾っていたので、ああなれば自分たちのペースになるかなと思いました」

―前半はなかなかそうならなかった?
「相手も良かったと思います。前半と後半を比べたら、あの6番が相当利いていて、あそこで攻撃を作っている感じだったし、前半のうちから後半のようなサッカーができてれば、もっと手応えがあったと思うんですけどね」

―前半は6番と8番(ケヴィン・ストロートマン)が前に来て、人を見るような形で守っていたのかなと?
「そうですね。やっぱり8番と10番(V・D・ファールト)が結構前に来るので、真ん中にすごくスペースが生まれて、センターバックからFWに当てられる場面が結構あったんですけど、そこの怖さはあまりなかったですね。やっていても、そのFWのクオリティもあると思いますけど、もしあそこが(負傷招集外となったロビン)ファン・ペルシーだったら正直、もう少し怖かったのかもしれないですけど、そこのバランスという意味ではやっていて多少の難しさがあったと思います」

―10月の2連戦で試したことで今日活きたことは?
「今日は選手全員が裏への意識だったり、サイドの幅であったり、そういうところを意識していたし、守備の部分でもすごく連動してやっていた。選手が全員同じ方向を向く、全員が同じマインドでプレーするのはすごく大事だし、それができていたと思うし、それはずっと監督が言っていたことで、それをもう1回。正直原点に返った感じですけどね」

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る