2013.11.17

後半から出場した遠藤保仁「勝ちきらないといけない」

遠藤保仁
後半開始時からピッチに立った遠藤 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が16日に行われ、日本代表とオランダ代表が対戦した。

 試合は前半、ラファエル・ファン・デル・ファールトとアルイェン・ロッベンのゴールでオランダが先行したが、前半終了間際に先発起用された大迫勇也の得点で1点を返した日本が、60分に本田圭佑の得点で同点とし、2-2のドローで終えた。

 試合後、後半からピッチに立った遠藤保仁は、以下のようにコメントしている。

―前半ベンチで見ていて、出場した際にどうしようと?
「ボールキープされながら、前半で言うとオカ(岡崎慎司)とキヨ(清武弘嗣)がちょっとボランチのラインぐらいまで下がらざるを得なかったので、そうすると、(ボールを)取ったとき、圭佑と大迫しかいないという状況なので、それは避けたいとは思っていました。相手の6番(ナイジェル・デ・ヨング)がフリーでさばいていたので、あそこを抑えながらやっていければ、チャンスは来るかなと思っていました」

―香川真司選手と2人で入って、どうやって流れを掴もうと?
「うまく前線からプレスがハマったのもあるでしょうし、後ろを怖がらず、前からある程度つなぐ相手に対しては行けばチャンスは生まれるだろうなと思っていたので、いい守備もできたと思う。攻撃もいろんな形が出たと思うので、後半のような形を極力やれればいいと思います」

―ハーフタイムで前から行こうという話を確認した?
「アップしていたので、よくわからないですけど、ビビらず前から行くべきですし、GKを使いながらというのは最初からわかっていたので、下げられたら下げられたで別にそれは自分たちにとっては何のリスクもないので、極力両ワイドを使わせないような守備の仕方はしないといけないなと思っていました」

―長いパスやサイドチェンジを織り交ぜてチャンスを作っていたが?
「後半ある程度、スペースもできてきましたし、自分自身もフリーだったので、積極的に前に行きながらも、前線の動きを見逃さないように、45分間は意識していました」

―勝ち切れないのも課題だが?
「そうですね。今日も勝たないといけない試合でしたし、後半に関してはビッグチャンスは、ウチらのほうが多かったですし、勝ちきらないといけないと思いますけど、いい形もどんどん出ました。ゴールを決める、決めないは結局最後はシュートを打つ選手の精度の問題なので、ビッグチャンスは(柿谷)曜一朗とかありましたし、それは本人が一番よくわかっていると思うので、そこまで行く形をたくさん作れたのは、前向きに捉えていいと思います」

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る