2013.11.17

長友「オランダ、ロッベンに対して負けたくない気持ちが強かった」

長友佑都
ロッベンとマッチアップする長友 [写真]=足立雅史

 国際親善試合が16日に行われ、日本代表とオランダ代表が対戦した。

 試合は前半、ラファエル・ファン・デル・ファールトとアルイェン・ロッベンのゴールでオランダが先行したが、前半終了間際に先発起用された大迫勇也の得点で1点を返した日本が、60分に本田圭佑の得点で同点とし、2-2のドローで終えた。

 試合後、先発出場し、73分までプレーした長友佑都は、以下のようにコメントしている。

「強豪オランダ相手に2点取られて、今日もダメなんじゃないかという雰囲気を、みなさん感じていたと思いますけど、それでも僕らの気持ち、取り返すんだという気持ちを見せられたと思う。ただ今日絶対に勝ちきれた試合だったと思うから、すごいそこは悔しいです」

―勝てるという手ごたえは?
「僕は2点取られた後も、今日いけるなという感覚がすごくあった。自分自身のコンディションとか体の感覚も良かったし、チーム自体もみんな気持ちが入っていたので、すごく僕は感じていました」

―ゲーム運びの面でも良かったのでは?
「やっぱりチームが1つにまとまっていたのが今日は一番かな。1人1人が最後までチームのために走って、そういう地味なプレーでもしっかりつぶして、妥協しないということを1人1人がやれたのがホントに大きかったです」

―それができればこういうサッカーができると?
「僕たちも今日学んだ分がたくさんあるので。でも結局、次の試合で活かせなかったら意味がないので、次の試合が勝負だと思います」

―長友選手個人もここ数日ずっと報道陣の質問にあまり答えなかったが、この試合に特別な思いがあったのか?
「今だから言いますけど、すごい集中していて、あんまり喋りたくないという気持ちが強くて。正直、申し訳なかったですけど、ホントにそれくらい集中していたし、オランダに対して、あとはロッベンに対して僕自身負けたくないっていう気持ちが強かったので、だから口数が少なかったというか」

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る