2013.11.17

1G1Aと活躍の大迫「チャンス少ない中、どれだけ結果出せるかが大事」

大迫勇也
[写真]=Getty Images

 国際親善試合が16日に行われ、日本代表とオランダ代表が対戦した。

 試合は前半、ラファエル・ファン・デル・ファールトとアルイェン・ロッベンのゴールでオランダが先行したが、前半終了間際に先発起用された大迫勇也の得点で1点を返した日本が、60分に本田圭佑の得点で同点とし、2-2のドローで終えた。

 試合後、1得点1アシストと活躍し、73分までプレーした大迫は、以下のようにコメントしている。

「得点は狙い通りだったし、あの時間帯から2-0で1点取ることができて、いい流れで後半に臨めたと思います」

―先発はいつ?
「昨日の練習の時からそんな感じかなと思っていたんですけど、試合前のミーティングで言われました」

―指示を活かした?
「指示というか、こっちに来てからずっとそんな感じで練習していたので、どう攻めるかとかを想定したものだったから、違和感なく臨めました」

―オランダが相手で緊張は?
「緊張はしないですけど、本当にチャンスは数少ないですし、その中でどれだけ結果を出せるかが大事だと思うし、それをずっと狙おうとは思っていました」

―2点目は練習でやっていた形?
「(内田)篤人さんがあれだけ上がってきてくれたら、自然と奥が空くので、そこはうまく相手のギャップを突けたかなと思います」

―1点取るまでいい流れでは無かったが、ショートカウンターで動き出すイメージは?
「でも失点してから流れが悪くなったので、それまではいいサッカーをしていたと思うし、失点してから相手が勢いに乗ってきたので、逆に1点取れば分からないなと思っていました」

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る