2013.11.17

失点直結のミスを悔やむ内田「俺の最初の失点がマジでいらない」

内田篤人
ロングボールの処理を誤り、オランダの先制点にミスで関与してしまった内田 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が16日に行われ、日本代表とオランダ代表が対戦した。

 試合は前半、ラファエル・ファン・デル・ファールトとアルイェン・ロッベンのゴールでオランダが先行したが、前半終了間際に先発起用された大迫勇也の得点で1点を返した日本が、60分に本田圭佑の得点で同点とし、2-2のドローで終えた。

 試合後、先発出場し、79分までプレーした内田篤人は以下のようにコメントしている。

―最初の失点につながったミスは?
「トラップしたら相手も来ていたし、外にクリアしたらたぶん敵もいたので、自分のなかでかなり迷いがあった」

―その後はチームとして立て直してやれていたが?
「それは仲間に助けられた結果だから。DFとしては失点に絡んじゃいけないし、ああいうミスでオランダみたいに強いチームに先制点を与えると…。今日は追いつけたからよかったけど、ちゃんと反省しないといけない」

―チームとしてのパフォーマンスについては?
「後半は特に(ボールを)回せていたし、自分も何回か絡めた。得点にも絡めたから悪くないと思うけど、どっちかと言うとオランダもうまくいっていないというか、俺らもよかったけど、オランダもうまくいっていないのかなという意識があった」

―高い位置からプレスをかけるとオランダは苦しくなっていたが?
「バックパスも多かったし、すぐにGKに出すところもあったし。ボールを回せている時はいいけど、前半の最後の方みたいに回されて向こうの形を作られると、(アルイェン)ロッベンのああいうシュートは何回も見ているし、難しいことが多くなる」

―2-2になってから勝ち切るところではどういう感触だった?
「何回か勝ち切るチャンスはあったし、監督も言っているけど、多くのチャンスを作らないと僕らは点を取れない、決定力がないと言えばそれまでだけど、そこで勝ち切る力というのは課題だと思う」

―2点目はみんなで崩して取れたが?
「僕の中ではイメージ通り。オカちゃん(岡崎慎司)に当てて落としがきて、大迫が入ってきたのがちらっと見えたので出した。あとは2人の技術だと思う。ああいう形が増えていけば。危ないところにいろんな選手が顔を出していけるとシュートのチャンスが増えてくる」

―今までの試合よりそういう回数が増えたのでは?
「そういう回数が増えたからこそ、俺の最初の失点がマジでいらない」

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る