2013.11.17

後半出場の香川は結果に悔しさ「感覚的には勝たないといけない試合」

香川真司
オランダ戦後、サポーターの声援に応える香川(手前右) [写真]=千葉格

 国際親善試合が16日に行われ、日本代表とオランダ代表が対戦した。

 試合は前半、ラファエル・ファン・デル・ファールトとアルイェン・ロッベンのゴールでオランダが先行したが、前半終了間際に先発起用された大迫勇也の得点で1点を返した日本が、60分に本田圭佑の得点で同点とし、2-2のドローで終えた。

 試合後、後半から出場した香川真司は以下のようにコメントしている。

「勝ちきりたかったですね、やっぱり」

―前半をベンチで見ていて?
「最初よかったですし、決して入りは悪くなかったです。ただこういう舞台で、やっぱりああいうミスで失点することは、相手に主導権を握られやすかったのかなと。でもそれ以外はそこまで悪くはなかったと思うので、チャンスはあるだろうなと思っていました」

―ナイジェル・デ・ヨングが交代したが、後半は?
「必ずチャンスはあると思っていたし、試合をやりながらどういう状況かというのは見ていきたかったです。そういう中で、特に中盤から先はスペースがあった中でボールを受けられていたので、そこでうまくリズムを作ろうと思っていました」

―中に入ってボールを触ろうとしていたが?
「そうですね。試合を見ながら感覚を磨こうと思っていた時に、中ですごく起点というか、受けられていたので、入っていこうという意図はありました」

―柿谷曜一朗選手に出した縦のスルーパスはいい形だった?
「まあそうですね。ただあそこはやっぱり決めきれないといけないですし、ここで2-2で終わるのと3-2で終わるのとでは違うのかなと思うので、そこは悔しいですね」

―あと1点は完全に自分たちの力不足?
「そうだと思います」

―自信と手ごたえと残念な気持ちと今はどういう感じ?
「うーん、どうですかね。これくらいのレベルと言ったら変ですけど、相手も決して全て揃っているわけじゃないですし、そういう意味では感覚的には僕らが勝たないといけない試合だったと思うので、悔しい気持ちはありますけどね」

―メンタル面で特に意識したことがある?
「僕自身は試合前に何も考えずに、もちろんやりたいサッカーはありますけど、まずは自分が持っているものを無心で出すことに集中していました」

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る