2013.11.17

オランダ指揮官が日本の戦いに賛辞「正直に言うと非常に良かった」

ファン・ハール
戦況を見つめるファン・ハール監督(中央) [写真]=VI-Images via Getty Images

 国際親善試合が16日に行われ、日本代表とオランダ代表が対戦した。

 試合は前半、ラファエル・ファン・デル・ファールトとアルイェン・ロッベンのゴールでオランダが先行したが、前半終了間際に先発起用された大迫勇也の得点で1点を返した日本が、60分に本田圭佑の得点で同点とし、2-2のドローで終えた。

 試合後の記者会見に臨んだオランダ代表のルイス・ファン・ハール監督は、「前半はオランダの方がボールをキープできたし、より良いチームだった。それで2-0になるのは当たり前だった」と、38分までに2点のリードを得た自軍の出来を評価した。しかし、「ハーフタイムのちょうど前に日本を甘くしてしまい、信じられないようにボールが入ってしまったということがあった。こちらは非常にリスクを取ったのが前半の終わり頃で、あのようなリスクを取るべきではなかった。それは日本にも精神的に、いいブーストだったと思う」と、前半終了間際の失点を悔やんだ。

 また、後半は押し込まれる展開が続いたが、「日本が控えの選手を2人入れて、それがとても良かったと思う。それによって日本がプレッシャーを与えることができたし、もっと攻めることができるようになった」と、日本の選手交代策がキーになったと語り、「オランダは後ろからファン・デル・ファールトとシーム・デ・ヨングにボールが入らなくなった。それで、GKの(ヤスパー)シレッセンが長いボールを出すことが多くなり、それがオランダの選手に届かなかったことが良くなかった」と、劣勢になった戦況を分析した。

 続けて、「日本のプレッシャーがどんどん上がり、正直に言うと日本のプレーは非常に良かった。2-3になってもおかしくはなかった。なので、前半と後半の違いは控えの選手2人を入れたことだと思う」と、日本の戦いを評価している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る