2013.11.17

ポジション争いを歓迎する長谷部「チームを作る上で競争は不可欠」

長谷部誠
前半終了間際に大迫の得点をアシストした長谷部 [写真]=千葉格

 国際親善試合が26日に行われ、日本代表とオランダ代表が対戦。2点を先行された日本だったが、大迫勇也と本田圭佑の得点で、2-2のドローで試合を終えている。

 試合後、前半終了間際の大迫の得点をアシストし、ハーフタイムにベンチへ下がった長谷部誠は、以下のようにコメントしている。

―引き分けという結果については?
「もちろん冷静に分析しなければいけないですけど、オランダを相手に非常にいい戦い方をしたと思いますし、一方でオランダが良かったかと言われればそうでもない部分もあるので、それはこれからしっかりと分析したいと思います」

―日本のサッカーはどの程度通用したと感じたか?
「やはり今日は選手全員が、監督が目指すサッカーというものをピッチの上で体現していたと思いますし、10月の時とは違ったダイナミックさとか、そういうものも戻ってきたと思いますしね。すごくポジティブに捉えています」

―今日はスタメン変更もあったが、ベルギー戦に向けては?
「これは監督からのメッセージとして、これからもっともっと競争が厳しくなると思いますし、チームを作る上では競争というものは必要不可欠なものなので、この競争というものをポジティブに考えて、チーム全員でやっていけたらいいと思います」

―今日の結果は日本の雰囲気にいい影響を与えるのでは?
「そうですね。もちろん、引き分けで満足していないですけど、とにかく負けがちょっと続いていたので。今は今日のゲーム内容をしっかり分析して、ポジティブに捉えていきたいなと思います」

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る