FOLLOW US

ロッベンの得点振り返り、長友「まだまだ僕も実力が足りない」

オランダ戦に先発出場した長友佑都 [写真]=千葉格

 国際親善試合が26日に行われ、日本代表とオランダ代表が対戦。2点を先行された日本だったが、大迫勇也本田圭佑の得点で、2-2のドローで試合を終えている。

 試合後、左サイドバックとして先発出場し、73分までプレーした長友佑都は、以下のようにコメントしている。

―引き分けという結果については?
「勝ちたかったですけど、僕たちの気持ちというのは見せられたんじゃないかなと思うので、こういう試合を続けて、皆さんに勝利をプレゼントできるように、次頑張りたいと思います」

―アルイェン・ロッベンとのマッチアップなど、「世界との差」ではどんなものを感じたか?
「ロッベンには負けたくなかったし、そういう強い気持ちで今日は入ったので。ただ、やはりああいうゴールシーンでもチャンスをしっかりとものにするという部分では、世界トップレベルだなと感じたので。まだまだ僕も実力が足りないなと感じます」

―ベルギー戦に向けては?
「勝利することだけを考えて、チーム一つになって頑張ります」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA