FOLLOW US

日本での監督就任の可能性があったオランダ指揮官「声をかけられた」

オランダ代表を率いるファン・ハール監督 [写真]=VI-Images via Getty Images

 16日に行われる日本代表との国際親善試合を控えたオランダ代表を率いるルイス・ファン・ハール監督が15日に前日会見に臨み、日本での監督就任の可能性があったことを明かした。

 会見の席で、2014年のブラジル・ワールドカップ後の去就を問われたファン・ハール監督は、「2つ可能性があって、1つはポルトガルでゆっくりする。もちろんワールドカップが終わってからの話だが。もう1つは新しいチャレンジを受けるという可能性もある。今は日本と対戦するときなので、その話はあまりしたくはない。今から半年してからの話になる」と明言を避けた。

 続けて、次のチャレンジ先として日本が選択肢にあるかを聞かれると、「日本と中国からも声はかけられたが、今まで断ってきた。ただし、まだわからない」と、打診を受けていたことを明かした。

 また、断った理由については、「遠いところまでは行きたくはない」と、極東の地での指揮に難色があったと回答している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA